筑紫野、小郡、太宰府 たずのきピアノ教室 T MUSIC STUDIO お客様の声

生徒さんの声① 

現在3歳の生徒さんのお母様

胎児から音楽と過ごしてきた娘が2歳になる時、ピアノ教室を探し始めました。 絶対音感、知育、先生の音楽への情熱、ついていきたい安心感などがHPから感じまして問い合わせをしました。教室に入り先生にお会いしてから『やはりここだ!』と感じました。娘もレッスン開始から智美先生が大好きで、毎日のように『しぇんしぇいのとこ行く』と言っていました。片道1時間半かかりますが全く苦にならない程、魅力的なお教室です。 年齢に合わせてしっかり細かく学ばれていて、親もたくさん学ばせてもらっています。 イベント事も準備から本番まで体力勝負なことを、素晴らしくこなされていかれます。 本番後も疲れた表情1つされずに、生き生きとされていて尊敬します。 毎年の発表会はとても充実のプログラムで、コンサート会場にいるような気持ちになります。 グループレッスンは1日で全グループをこなされる体力をお持ちの智美先生。 笑顔溢れる、元気いっぱいな智美先生なので、子供達は智美先生が大好き。 智美先生とのご縁に感謝しております。

生徒さんの声② 

現在5歳の生徒さんのお母様

当時、子供と二人きりの時間を持て余していた私は「音楽に触れながら親子で遊べる」くらいの軽い気持ちで子供が一歳半の時に入会しました。 リトミックは楽しく音楽に触れながら音楽性を養うのはもちろんですが、小さな子供が音、リズム、歌等を身体、感覚、頭と本当にすべてを使って感じ表現している様子が良く分かりました。その頃の子供は毎回、頭と身体をフル回転。帰りの車の中では面白いくらいに疲れて爆睡していました。 先生は集中力の短い子供が飽きることのないようあの手この手で、その年齢や機能の発達時期に合わせた細かなレッスンをして下さいました。(幼児のレッスンをとても勉強されています) 子供が集中しなくてレッスンにならなかった日はなかったと思います。

リトミックはピアノとは関係なく、あの幼児期に経験して本当に良かったと思っています。 リトミック中に教室を見て感じていたのは、とにかく先生が「音楽の素晴らしさ、楽しさを伝えたい」「少しでも上達させてあげたい」と強く、熱い思いを持ち、先生自身が常に勉強され、ピアノを通して子供たち一人一人の成長を願いながらレッスンに取り組んであることでした。

我が家は私も主人もピアノ等の音楽経験がなく、ピアノはハードルの高い習い事。 リトミックからピアノへの移行には不安がありましたが、先生の人柄、生徒への思い、それから先生が導入期、幼児期のレッスン程大切だと意識されていること。(私はどんな習い事でも、最初の指導者がとても重要だと考えていたので) 子供は軽く「ピアノやりたい!」そして私は覚悟を決めて、四歳を迎える少し前からピアノのレッスンを開始しました。

子供と一緒に頑張っています。 頑張った分、少しずつではありますが確実に上達していることを感じています。こうして子供の習い事に関わり、上達を感じることが出来ることはいつか私にとって素敵な思い出になるのではないかと思います。

あとこの教室のイベントはとても魅力的です。ヴァイオリン、チェロ、ドラム等、プロの演奏家と一緒にステージに立つことが出来ます。小さい時から本物の音に触れることが出来るなんて、なんて贅沢なことでしょう。思うように練習に取り組んでくれない子供ですが、音楽の楽しさはしっかり感じているようで、自由にピアノを弾いたり、他の楽器を使うのは本当に楽しそうにしています。 この教室はピアノだけでなく、ピアノを通じて様々なことを学び、成長できる教室だと思います。

生徒さんの声③ 

現在小3と中1の生徒さんのお母様(お母様自身も単発レッスンを受けられています。)

姉の方は「コンクールなんて上手な人が出るものだから、絶対出ない」と言っていたはずなのに、気がつけばレッスンに通い始めて半年もしないうちにコンクールに出て「また来年出て今度こそ賞をとりたい」と言うようになりました。 ピアノに向き 合う姿勢が変わってきたと思います。初めは先生のくださる課題に、こんな難しい曲ひける?大丈夫?と親子ともども不安もありましたが、苦しみながらもちゃんと乗り越えて弾けるようになっていく姿には感動でした。また曲の本数も多くて大変な反面、譜読みも速くなって、どんどん新しい曲を弾く意欲が強くなっています。 今まで一度も聞いたことなかった「私ピアノは一生続ける」という言葉も嬉しかったです。 妹の方は、毎日の練習時間が長くなりました。先生が課題として与えて下さった「夏休み毎日チャレンジ」の賜物です。 そしてステージでは緊張してガチガチになる子だったのに、先生のところで短期間で数多くのステージを踏ませていただいて随分慣れてきました。 あと、本人曰く「曲があがった時の喜びが大きくなった」そうです。 2人ともまだまだながらも、少しずつ丁寧な練習ができるようになってきたかな?と思います。今までは多少指がまわってないフレーズやおかしな音色があっても、目立ったミスタッチがなければ特に気にしてない様子でしたが、その辺りまで徐々に気を回せるようになってきました。

尋木先生のところに通わせていただいての我が家の最大の変化は、なぜか私(母親)で、生活の中に自分のピアノの練習が何十年ぶりかに帰ってきました。しかも、今までの人生の中でこんなにちゃんと練習したことはなく、ただ今人生最大のピアノ濃度です。 小さい時のピアノの練習って、今考えたらあれは遊び弾きの延長だったと思うくらいです。家人に誰もピアノを習ったことがある人がいなかったし、両親も音楽が全くわからず、先生も優しい近所のおねえさんで、ピアノの練習と いうものがなんたるか全く知らないまま大きくなってしまったと思います。それが今、ピアノの練習ってこういう風にやるんだ、こうやれば上手になるんだって、ものすごく遅まきながら先生とわが子のレッスンを見ていてようやく理解して、「まずい!このままじゃすぐにでも長女に抜かれる!」という危機感もあり、ピアノのレッスンを再開したくてたまらなくなってしまったのです。 そして、今、弾くのが楽しくてたまりません。大人になると、子どものように反射的に反応して上達することができない代わりに、なぜ、そのフレーズ弾けないのか原因を考える力があって、先生はその疑問に毎回しっかり答えてくださり、具体性のあるアドバイスをくださいます。 


 

生徒さんの声④ 

体験レッスンを受けて入会を決めて下さった小3の生徒さんのお母様

 

 

以前、コンクール会場でステキな演奏で印象に残った女の子がいました。 娘もあんな演奏が出来るようになれたらと思っておりましたが、後に尋木先生の生徒さんである事が分かりました。 その後もピアノの練習のヒントが書いてある先生のブログを拝見し参考にしておりました。是非先生にレッスンをお願いしたいと思い、体験レッスンをお願い致しました。 体験レッスンでは、きめ細かく熱心に指導して下さり、レッスン中から私の気持ちは固まっておりました。 娘も先生の熱心な指導に感じるところがあったようで、教室を出てからすぐに、先生のところでがんばる!と力強く言いました。 これまでなかなか自分の出す音を意識しておりませんでしたが、最近は少し意識が変わってきてるなと思えるところがありうれしく思っております。 ピアノの技術的な事はもちろんですが、先生のレッスンを通してチャレンジ精神や集中力を養いこれからの人生の糧にしてほしいと思っております。 自分で考え自分で行動出来るように成長し、音楽のある豊かな人生を歩んで欲しい願っています。これこらも親子共々宜しくお願い致します。